• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07
21
(Thu)

RIP 

ケンブリッジに留学していた時は、皆がいきいきと輝いていて、1年間という限定のモラトリアム期間を大いに満喫しているように見えた。

私が卒業したのが2010年、卒業から早6年の月日が経った。

当時同級生の平均年齢は確か31歳だったと思うけれど、米国MBAに比べ比較的年齢層が上とは言え、今になってみれば若く、皆エネルギーに満ち溢れていた。

当時は未婚と既婚が半々ずつぐらいだったのが、6年も経つと既婚者が多くなり、子供を持つ人も多くなり、ライフステージが変化した人が増えている。





そんな中、同級生の訃報が飛び込んできた。

中国出身の女性だ。アジア人同士ということで、割と仲良くしてもらっていた。MBA取得後はロンドンに残り、巨大企業のマーケティングマネージャーとして働いていた。非常に聡明かつ芯が強く、でも押しの強くない控え目な印象を持った人だった。

私は彼女に中国人はステータスが高い人ですら、アメリカ行きの査証を入手するのは至難の業であることを教えてもらい、自分の国がどれだけ恵まれているのか、ということを間接的に学んだ。





死因は脳腫瘍ということだったが、彼女は私よりも若く、そして私の子供より1つ大きな女の子がいた。

彼女は余命宣告をされた後、子供が成長するときに傍にいてあげられないことが悲しい、と淡々と友人に語っていたという。

もし、自分の子供を置いて逝かなくてはいけなくなったら…と想像しただけで胸が苦しくなる。耐えられない、という気持ちで爆発してしまうに違いない。そんなに冷静でいることができるだろうか。





MBAの同級生なので、どうしても人の大枠をキャリアで捉えがちだけれど、ライフステージの"あがり"は死であり、キャリアでは無い、ということを強く実感することとなった。

自分はどう生きていきたいのか、明日死ぬとわかっていても今日やる予定のことをやるのか、自分への問いかけの一助として、彼女と一緒に行った旅行先イーリーで撮った写真を会社のデスクに飾った。


Elain


スポンサーサイト
2014.11
28
(Fri)

同級生とのその後の付き合い。 

タイで行われたケンブリッジの同級生の結婚式に行ってきた。

バンコク→サムイ島で行われたのだが、ちょうど仕事の谷間だったこともあり、0歳児の子連れで参加。

卒業から4年経っているが、20名くらいの同級生が出席していた。

P&R1

同級生の結婚式には割と頻繁に誘われるのだけれど、「ウルグアイなんだけど、来ない?」とか、よほど長い休みが取れないと行けない場所だったりするので、実際に出席できるのは貴重である。

こういう風に世界中に住むクラスメートが実際に会えるというのは嬉しいことだし、色んな国の人が集まるヨーロッパのMBAだからこそ、のネットワークだと思う。


-----------------------------------------------

ちなみに、タイの結婚式が非常に興味深かったので、書いておきたい。

日本同様、結婚式と披露宴があるのだが、結婚式は午前中、披露宴は夜行われていた。

P&R2
結婚式はタイ式で、新郎は会場に入る前に友人たちと押し問答(?)で色んな質問に答えながら進んで行く。


P&R3
親に向かってひれ伏す!


P&R4
また、ご祝儀は、皆の前で渡している。くれた人には、お茶でお礼。


P&R5
出席者全員が新郎新婦の手に水をかける、という儀式。


P&R6
他にも装飾品の類が、とてもタイ的で華やかで金きらきんな感じなのも面白い。


P&R7
また、披露宴は超高級ホテルで300人以上を集めて行われた。規模が大きすぎて、新郎新婦、ほとんど見えず。しかし、中国系の人や他の東南アジアの友人に聞いたところ、それくらいの人数は当たり前、と口をそろえて言っていた。(日本じゃ100人呼んだら相当大きな式だけれども…)

立食のため、人数とかはあまりきちんと把握しなくてもいいっていうのがアジア的でいいよね。


-----------------------------------------------

ヨーロッパのMBAは平均年齢が比較的高く、30歳前後のところが多いため、我々のクラスも未婚と既婚の割合が半々くらいだった。4年経って、割と結婚する人数も落ち付いてきた感もあり、皆が一堂に集まる機会は減りつつある。


しかし、卒業後同窓会の話が出ていたり、SNSのおかげで、ちょっと出張がてらその地に住む同級生に会いたい、という話はしょっちゅう聞こえて来る。


まあ、MBAでの出会いをその場限りのものとするか、一生続くものとするかは、行く人の性格にもよるんだけれども。連絡取らない人は全然取らないし、SNSもアップしないし、正直今死んでても、わからないままだろうな…という人もいるしね。
2014.06
30
(Mon)

強いパスポート 

ケンブリッジに限らず、欧州MBAはダイバーシティを重視する学校が多いため、色んな国籍の人が集まる。私が在籍していた時も48か国から来ていた。


また、欧州MBAのアドバンテージとして、周辺国への旅行が格安で見るところも豊富、という点がある。なんせ、飛行機片道数千円ですから!行かないと損。当然クラスメートとの旅行も行きたい人が多いだろう。


しかし、気を付けなければならないのは、「全ての国が日本と同じように旅行に行けると思ったら大間違い」ということ。


イギリスに留学していると、近隣ヨーロッパに行きたくなるのだけれど、シェンゲンビザを取らないと入れない。日本人は行けば入れるが、全ての国の人がそうじゃない。査証を取得するのに時間やお金がかかる国もあるし、そもそも"行けない"人だってたくさんいるのだ。


だから、私は当日に航空チケット取って旅行に行ったりしてたけど、他国籍の人が同じことを必ずしもできるわけではないし、軽い気持ちで同級生に「来週旅行行かない?」みたいなことを口走るのは、平・和・ボ・ケ。


日本のパスポートで事前ビザ取得無しで入れるのは170カ国。各国の一覧がまとまったページを見つけたので、リンクを張っておく。


How Powerful Is Your Passport?


以前留学中にもここら辺のことをブログにまとめて書いていた↓


私たちは過去の遺産の上に生きている。パスポート編。


how powerful
2013.10
31
(Thu)

ケンブリッジの風景動画 

ケンブリッジの同級生が教えてくれた、Youtubeのケンブリッジの街を空撮した動画へのリンク。

ミラーレス機を飛ばして撮影しているので、映像も綺麗。ちょっと音楽がサティのグノシエンヌで暗いんだけど、街の美しさは素晴らしい。



cambridge_movie

Cambrigde - Youtube

2012.03
17
(Sat)

卒業したからこそ、言えること。 

Peterhouse


私がケンブリッジのMBAを終えたのは、もう1年半以上も前のことで、帰国後2回、受験生を送り出している。(アルムナイになると、とにかく色々お世話が増える。)


今年は去年よりも多くの受験生の相談に乗ったり、アプリケーションをチェックしたりしたのだが、それらの経験を通じて、「卒業した今だから言えること」というものがあるな、と感じるようになったので、受験生のためにもここに書いておきたい。


■ケンブリッジでMBAを取ることの魅力になり得る理由

いわゆる、"Why Cambridge?"用の答えとして使えるアイテム集だ。

①1年プログラムとは思えない程の、プロジェクトの多さ
必ずやらなければいけないプロジェクトは、CVP(Cambridge Venture Project)とGCP(Global
Consulting Project)だが、これに加えて、Capstone Projectでもプロジェクトになる確率は高いし、Summer
Activityでプロジェクトを選択することも可能。これ以外にもプロジェクトのリストを担当の先生がたくさん持っているので、もっとやりたければ、もっとやっても良い。(実際に卒業後にも続けている人もいた)
また、自分でプロジェクトを獲得することも可能なので、フレキシビリティもある。


②Cambridgeという大学の一部であること
ケンブリッジ独特の風習はたくさんある。またヨーロッパに多い独立企業系のMBAとは違い、MBA以外のネットワークというものがある。例えば工学部と一緒にプロジェクトをやる授業なんかもあるし、課外活動もある。また、大学の部活動に入る人も結構いる。(一番メジャーなのはボート部だが、社交ダンス、合唱、ラグビーなど、色々な部活に入っていたMBA生を知っている。)


③カレッジ制
MBA以外の友達を作るのは他の大学では難しいかもしれないが、ケンブリッジでは簡単。カレッジ制のおかげで、生活を共にする人たちは、他の学部であることがほとんどだからだ。私が一緒にキッチンを使っていたのは、薬学、数学、社会学等、てんでばらばらな学部の人達だった。(ただし、カレッジ外に居住すると、そのメリットはあまり感じられないことも)


④ダイバーシティ
先生も生徒もグローバル。米国プログラムだとアメリカ人が多いところが多いけれど、ケンブリッジではほぼ全員が他国からの留学生なので、お客さん感が薄い。私の学年は160人以上いたのに、6人しかイギリス人がいなかった。皆が脇役でなく主役になれる環境。これは結構大きい。


⑤立地の良さ
シリコンバレーのヨーロッパ版、シリコンフェンがあるため、小さなベンチャーとの協業なども色々体験できる。(実際は規模で言うとシリコンバレーには遠く及ばず、比べちゃうと正直しょぼい感じは拭えないんだけど。)
シリコンフェンの企業の20%はケンブリッジの大学院から発生していると言われているので、やはり大学とベンチャーが密接している環境に身を置ける。


あとは家族との暮らしを重視する人にはもってこい。まず安全だし、程良い田舎感(でもロンドンへもすぐ出られる)というのも良い。町はとても歴史があって綺麗。



■ケンブリッジでMBAを取ることの本当の魅力

ぶっちゃけ、ここが魅力!でも面接で言わない方がいいかもね、という理由

①そんなに頑張らなくても卒業できる。
学校によっては、下位10%は留年、とかそういうところもあるけれど、Cambridgeでは絶対に無い。日本の大学みたいな感じで、卒業要件は相当甘い。砂糖水レベル。もちろんガリ勉する人はたくさんいるけど、「そういう選択肢もある」っていうくらいのレベルだと思う。だからディーンリスト(Top
10%)入りとか狙ってる人はいいかも。


それこそプログラム中に出産してる女性もいたし(他の学年にもよくいるらしい)、小さな子供に授乳しながら勉強してる人もいる。っていうか、出産してても留年せずに普通に卒業できてしまう。


その分、ビジネススクール間のコンペに出場する人や、講演会を聴きまくる人(講演は多すぎて、基本聞ききれない)、自分のビジネスプランの準備に充てる人、元居た会社の仕事をそのまま続ける人、等どう時間を使うかは、その人次第。留学楽しい、わーい、でパーティばっかり行ってる人もいるし、毎週末海外旅行に行く人も(1年の52週中、44週末海外旅行に行っていた同級生がいた)。


まあつまり、その「勉強しても、しなくても良い時間」を何に充てるかっていう選択肢がある、っていうのは圧倒的な魅力。


②知名度
まあ上の話にも絡むんだけど、MBAって興味ある人はいい学校の名前とかいっぱい知ってるけど、そうじゃない人に「ケロッグです」とか言っても、「へー、コーンフレークですか?」って感じだと思うんですよ。


そこは、ケンブリッジ、世界大学ランキング第1位(※注:2010年、2011年)の知名度。ビジネススクールランキングは二桁でも、誰にでも通じるブランドネーム。イギリス国内で学生証を見せせれば、気分は水戸黄門。っていうか格さん。(実際態度は変わる気がする)


つまり、“コストパフォーマンスの良いビジネススクール”なんですよ。鞄のブランドで言うならルイ・ヴィトン。値段がすごい高いわけじゃないけど、モノグラムのバッグ持ってれば、誰にでもわかる。一方、エルメスのケリーとかバーキンみたいな学校もある。“わかる人にしかわからないんだけど、すごい高い”っていう。


MBAの資格を使っていい会社に転職するんだ!って思ってる人は、ハーバードとかスタンフォードを目指せばいいわけだけれども、そんなのは「ゴールドマンサックスやマッキンゼーにどうしても行きたいぜ!」みたいな人だけで良いのでは。(まあケンブリッジ出てもいくらでも行ってる人はいるんだけど。確率は上がる気がする。)



ここら辺はあくまで私個人の意見なので、もっと色々アルムナイを捕まえて話を聞いてみて下さい。
 | ホーム |  »
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。