• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
21
(Thu)

ピーチボーイから得た教訓。 

桃太郎


大学のプログラムに、「PPD Week」というのがあり、そこで普段の授業とは少しかけ離れた講座をいくつか受講することになる。


そのときに、私は”いかにうまく表現するか”というような感じの内容の授業を取り、5~6人の少人数クラスに参加したのだった。


そこで、「とにかく何でもいいから、自分の知ってるストーリーを隣の人に話せ」というお題が出たので、咄嗟に思いついた桃太郎について話し始めた。


「PEACH BOY」

Once upon a time, an old man went to the mountains to gather firewood, and his wife went to the river to wash clothes.


みたいに、適当に訳し、最後まで話し終えた。短めのストーリーを、と思って桃太郎を選んだのだが、お供(猿雉犬)の部分を端折っても、意外に長くて、訳し終わった時には、ぐったりしていたのだが。その直後、アメリカ人の女の子に、間髪言わずこう言われた。


「で?その話から何が学べるの?」


確かに、大体御伽噺なんてもんは、何かしら教訓めいたものがベースにあるものである。しかしながら、桃太郎って一体何を教えるための物語なのか、即答できなかった。


花咲か爺さんとかだったら、正直者が最後に得するとか、さるかに合戦やぶんぶくちゃがまとかだったら悪への復習とかあるんだろうけど、桃太郎から何が学べるんだろう。としばらく考えこんでしまった。だって鬼ヶ島とか言ってるけど、この鬼が何か村で悪いことしてるとか、そんな情報無いよね。


子供ができなかった老夫婦に子供ができて、尚且つお宝もがっぽり、ラッキー☆っていう話なんだろうか。その割には夫婦よりも何だかわからない少年に焦点を当てすぎてる気もするしな。


そして思ったのだけれど、日本の話、子供ができない老夫婦の話多すぎじゃない?桃太郎、、かぐやひめ、垢太郎、一寸法師、かさ地蔵等々。昔はすごく大きな問題だったりしたのだろうか…。


っていうか、それ以前に若者が主体者であることが少なくて、若者は異境から来た、とか行っちゃったとかが多くて、基本的には老人が主体になってることが多い気がする。でもグリム童話とか子供が主体のことが多い気が。


何でなのだろう…。調べだしたら、重そうなテーマだけど。
スポンサーサイト
2010.07
17
(Sat)

対比の中で生きる。 

授業で、とても意外だったことがあった。特に深い考察も何もないのだけれど、印象的だったので覚書程度に書き留めておきたい。


littlehouse



① 自分の家が100㎡で、他の周りの家が50㎡
② 自分の家が200㎡で、他の周りの家が300㎡


①と②、どちらを選ぶか、と何かの授業で先生がクラスの生徒に聞いた。私はこんなことを聞くこと自体が馬鹿馬鹿しい、と思い、一体①を選ぶ奴なんているのか??と内心バカにしきっていた


ところが。結果は驚くことに①の方が多く、クラスの2/3くらいの人が①に手を挙げていた。


私にとっては、100%②が魅力的で、①を選ぶことに何の意味があるのか全くわからなかった。(今でも不明だ)何故①を選ぶ人がこんなに多いのか、と本気でびっくりした記憶がある。


自分の家は100㎡より200㎡の方がいいに決まっているじゃないか。何で他の人の家の広さなんて気になるんだ。自分が住む家じゃないっていうのに!


私が思う以上に、皆他人との比較の中で生きているのかな…と思った。でも他人への優越感の方が自分の実際に得られる価値よりも重要だ、と思うのは病気じゃないかと思うんだけど。




2010.07
11
(Sun)

How to start company 

コンセントレーション(専門分野みたいなもの) を選ぶ際に、ケンブリッジMBAで一番強いのでは、と思われるアントレプレナーを選んだ。インターナショナルビジネスと迷ったのだけれど、ケンブリッジのインターナショナル系の科目は、割と偏ったイメージがあって、中国かインド、もしくはEU圏内に留まっている教科が多かったので、ためらいがあったのだ。実際アントレは一番人数の多いコンセントレーションで、160人中、40人以上いたのではないだろうか。


そのコンセントレーションの必須科目に、How to start companyという授業があった。先生はJack Langという機械仕掛けのおじいちゃんみたいな、常に蝶ネクタイをしている人である。


見た目もおかしいが、喋り方も若干おかしい。見ていると、そのうち止まるんじゃないか、と思う。この人いったい大丈夫なの?と思うこともしばしばで、How to start company自体はそんなに面白い授業ではなかった。しかし。授業の成績がオンラインで返ってくるのだが、その成績に対するコメントがとても良かった。


他の教科は、「何故その成績がついたのか」「レポートのどこが良くてどこが悪かったか」「テストのできていた部分でできていなかった部分」等のコメントがつくのが普通である。先生によっては、2,3行しか書かない人もいるし、Operationのように、ものすごく長いコメントを書く人もいる。


しかし、このHow to start companyでは、自分が提出したビジネスプランに対し、「もしこのビジネスを始めるなら、アメリカのこの会社が参考になる」「こういう方向性にビジネスを拡大することも可能なのではないか」「顧客のセグメンテーションをこう変更してはどうか」「海外展開を考えて、こういうキットを作ってはどうか」など、実際に役立つコメントをたくさんもらえ、中には本当に目から鱗のような意見もあった。壊れかけのロボットか、くらいに思っていたのだけれど、意外にしっかりしているよ、Jack。


Jack_Lang
Jackです。


この授業はアントレコンセントレーションの人には必修だったので、授業を取ってる人のうち全員が事業を始めようとしている人ではなかったのだが、実際に始める人には、とても役に立つ授業だったのではないだろうか。授業は決して面白いものではないけれど、起業の際に考えなければいけないことを一通り網羅してくれるし、もしこういうビジネスを始めたい、という気持ちがある人にはお勧めできる。


2010.06
21
(Mon)

えんぜるになりたい 

タイトルは八木重吉の詩から引用。


今、キャップストーンプロジェクトの真っ最中。キャップストーンプロジェクトとは、今年からケンブリッジのMBAで始まったプロジェクトで、それぞれのコンセントレーション(選択分野)に分かれて行われる。私はリチウムイオン電池の負極の材質を変えることで、バッテリーの容量を増やす、という技術を持っている会社の立ち上げに関わるプロジェクトに参加している。コンセントレーションによっても随分違うようで、ただレポートを書くだけのところもあれば、うち(アントレ)のようにCVP(ケンブリッジベンチャープロジェクト)とほぼ同じ内容のようなことをするところもある。2週間フルフルなので、片手間で4週間のCVPとワークロードはあまり違わないかもしれない。


このプロジェクトが増えたことと、IPの幅が広がって、GCP(グローバルコンサルティングプロジェクト)と同様の内容をできるようになったことによって、1年プログラムなのにも関わらず、プロジェクトが4つ、という状況になっている。多分これがケンブリッジMBAの売りポイントだと思うので、受験生は、Why Cambridge?の質問には、この辺に触れると無難に話が進むかもしれない。特に、ベンチャー企業と働きたい!という気持ちのある人にとっては、選びようによっては4つともベンチャーと組むことも可能だし、魅力のあるポイントなのではないかと思われ。


今のプロジェクトは、具体的には、技術のパテントはケンブリッジの大学が持っていて、その教授が会社を立ち上げて企業に売りたいのだが、そのための試作用に地元のエンジェル(投資家)からお金を集めるための資料作成である。


材質を変更するだけでも40%容量アップを詠っているのだが、実際には塗りの検証とかしなくてはいけないと思うので、ビジネスの話の前に、研究開発部門と話をしなければならない。今までのプロジェクトに比べ、私の専門性もちょっとだけ生きる内容になっている。このプロジェクトで知ったのだけれど、リチウムイオン電池の負極のサプライヤーは、上位7社全て日本の会社で、(しかもjomoの子会社や、何故か大阪ガスなど、思ってもいなかったプレイヤーがいたりする。)日本企業って層が厚いのね…と感心した。


しかし、私は留学するまで、エンジェルだのベンチャーキャピタルだのの存在すらまともに知らなかったのだけれど、仕事内容を見ているとかなり面白そう。(ちなみに、エンジェルっていうのは、簡単に言うと、「マネーの虎」に出てくる、社長たちみたいな人のイメージ。あんな偉そうかどうかはおいといて。)将来何かの間違いでお金持ちになったら、華美な家に住まなくてもいい、豪華な船上パーティとかしなくてもいい、エンジェルになりたい。国内の雇用の創出とか本気で考えたら、起業しやすい土壌作りは必須なはずだし。(まあ海外資本でもいいんだろうけど、資本だけでなくアドバイスとかを考えると、日本人の方が役立ちそうな気もするし。)


ま、お金に全くこだわりがないから、何がどう間違っても金持ちになることは無い気もするけど。

2010.05
26
(Wed)

New Venture Finance 

ランディ


New Venture Financeという授業は、Easter Ternの選択科目の1つであるが、先生はケンブリッジの人ではなく、アメリカのシリコンバレーで実際にエンジェルとして活躍しているRandy Haykin氏。エンジェルとしても大成功している人で、Yahooの立ち上げにかかわるなど、実体験から来る話はとても面白かった。


RandyはUC BerkeleyでNew Venture Financeを教えているのだが、その授業は15週に渡って行われる授業で、その同名の授業を4回にギュッと凝縮しているのがケンブリッジのこの科目である。あらお得。


授業の方式は、極めてアメリカ式。Class participationが成績の大きな部分を占める。(ケンブリッジの授業では、あまりそういう授業は多くない。以前やはりUSC出身の先生がClass participationを成績の一部にカウントしていたが、その2つくらいしか無かった。)授業中発言できなかった人のために、オンライン掲示板上でのディスカッションまであり、授業へのコミットメントを積極的に求められる。


第2回目の授業が特に面白く、Randy本人がエンジェルとして出てくるケーススタディを渡されて、そのケースの主人公(アントレプレナー)のことを話し合い、「まあ、本人がいたらどう思ったのか聞けるんだけどねー」、「本人はアメリカにいるからなぁ…」とか言いながらケースのディスカッションをしていたのだが。


「実は今日ここに本人が来てます、どうぞ!」という、ものまね王者決定戦における、本人御登場的な下りがあり、クラスの後ろに座っていた女性が出てきて、喋り始めた。ケーススタディの主人公本人が何を思ってその時々の決定をしたのか、ケース後の展開等を直接聞ける、というのはとても面白かった。


まあアメリカの人をイギリスまで連れてきてくれるくらいなので、Berkeleyの授業にはもっと色んな人連れてきたりしてるんだろうな…。やはりアントレ系はアメリカの方が強い印象は否めないし、ケンブリッジで見ている限り、大学の研究室で生まれた新技術をビジネスに持って行く、というパターンを狙っている場合が多いような気がする。それはそれで特徴があっていいとは思うのだけれど。


授業の内容的には、元々知識のある人にはそんなに面白くない、という声も聞こえてきたものの、私のようにFinanceの知識が無い人にとっては、色々学ぶことの多い科目であった。

 | ホーム |  »
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。