• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
24
(Wed)

宿題が半分終わったので、ここらで。 

昨日まで5本の宿題を抱えていたのだが、3本の提出期限が今日で終わり、残すところあと2本となった。


個人単位の宿題も、グループ単位の宿題もあるのだけれど、私は人数の少ない選択科目しか取って無いので、グループワークと言っても、2人か3人組で、1人にかかる負荷が大きい。


3人組の方は、全くグループワークになっておらず、せっかくドラフトを作ったのに、提出直前で文句を付けてくるイギリス人に翻弄され。やっとグループの3人で会えたのは、提出1時間前。


遅すぎるわ!


もう1つの教科に至っては、2人組でグループだったのだが、メールを送っても返事が来ず、約束しても現れず。結局15ページ中私が14ページ作成して、1ページだけ一応、作成を頼んだのだが、ギリギリまで作り始めない上に、そのページの質の低いこと低いこと! まあ相手はアメリカ人なので、私の英語を直してくれたわけだけれども、それって、そんなに難しくないやん?


※グループワーク豆知識:グループワークで、ほとんど何もせずに点数をもらうことを、フリーライドと言います。

free ride



全く…  (怒`・ω・´)


と・に・か・く。 あと2個提出すれば、晴れてLent termは終了…。




google TV01



Google TVについて。


私はかねがね、全ての電子機器は1つに統一されると思ってきた。本流の流れは統一に向かって、そのぶり返しとして、機能を削ぎ落として行く製品はポイントポイントで生まれるけれど、決して本流にはならず、傍流として、使われて行くんだと思っていた。(今でも基本はそう思っている) 私が傍流と呼んでいるのは、例えばKING JIMのポメラだったり、PeekのTwitterPeakだったりするようなものを指しているのだけれど。


しかし、私が前いた会社の人達は、どちらかというと、「全ての電子機器は2つ(大小)に統一される」と言っている人が多かった。


結局、Google TVは、私の考えの方が正しい、とまでは言わないまでも、そっちの方向に、今プラットフォームを持っているGoogleは向かおうとしている、ってことだと思う。


しかし、Google TVを出そうとなんだろうと、結局今の世の中プラットフォーム勝負なわけで、そこから完全に足を踏み外してしまっている日系企業の将来は暗い。むしろ使われてるじゃん、みたいな。Google日系電機企業買収案みたいな記事も何件か読んだけど、私はそっちの方向には行かないと思うね。そんなコングロマリット化とまではいかないまでも、コアコンピタンスを相対的に薄める方向にGoogleが行くとは思えない。コンテンツが無いとか、ハードが無いとか言ってるけど、プラットフォームで十分ちゃうん?と思うし。


大体、ソフトとハードのシナジーで大きく成功している例をまだ見てないし、(失敗してるとこなら、腐るほど…。)結局より大きなプラットフォームをつかみに行くのの足台になっているような気がしてならない。(もちろんそれでハード売り上げ増っていうのは、狙いとしてはあってるんだけど、専売契約でもしない限り、それだけじゃネットワークエフェクトも何も働かないし、上がりがプラットフォームを持っているとこに比べて薄すぎる。)


ああ、あと5年、10年早かったら本当に何か打ち手があったかもしれないのに、と思うと歯がゆくて仕方ない。


ホリエモンもこの間アクトビラのこととか酷評してたけど↓、じゃあそこから何かいいアドバイスは無いのか、と言いたくなる。


日本の(残念ながら)家電業界は終わっている


でもま、基本的にはここに書かれてることは賛成かな。既に家電大国からは滑り落ちようとしているし、今どうにか右手の小指くらいでギリギリ崖にぶら下がってる感じだと思う。


本当に滑り落ちたく無かったら、今、まさに今何かしないといけないんだけどね…。



スポンサーサイト
2009.11
21
(Sat)

エリザベス女王ケンブリッジへ 


木曜の朝学校に行こうとしたら、たくさん警官が。エリザベス女王がケンブリッジに来ているとのこと。結構見に行った人もたくさん。






エリザベス女王からの関連で、昔、ダイアナ妃を亡くなる1ヶ月前にミラノで見たことを思い出した。ヴェルサーチの葬式の時(若い人は知らないだろうが、ヴェルサーチの創始者ジャンニ・ヴェルサーチは、私が若い頃に男娼に射殺されたのだ)。でもその時は、まさかダイアナ妃が死ぬなんて思ってもいなかったし、その後に出てきたカール・ラガーフェルドの方にしか興味が無くて、ほとんど何も覚えてないけど。(大学生の頃は熱狂的なラガーフェルドファンだった…)



ケンブリッジ大学は、エリザベス女王の旦那さんの Duke of Edinburghが一番偉い人ってことになっている。具体的に何かしてるとは思えないけど。






あと、ついでに、入学する前に、「世界のリーダー達のスピーチ」っていう音源を聞いたんだけど、エリザベス女王と、マーガレット・サッチャーの言ってることが全く聞き取れなくて(イギリスのアクセントをほとんど聞いたことが無かったから) うわ~こりゃまずいかも。と思って焦っていたのだけれど。昨日授業でサッチャーの演説聞いたら、ほぼ理解できた。


確実にイギリス英語に慣れつつあるよ!(その分アメリカ英語が聞き取れなくなっている可能性も否めないが…。)


サッチャーは、スピーチのデリバリーの練習をかなりしていたようで、専属トレーナーをつけてたらしい。アクセントは高目から入って、次第に落としていく。最後の方は喉の奥を開けるように声を響かせる…とか、その時見たビデオは、個人的には参考になった。
2009.11
17
(Tue)

ASUS、東芝のdynabook買収を検討。 

dynabook


ASUS、東芝のdynabook買収を検討ということなのですが。IBMがThinkPadをレノボに売ったのは、非常に納得できるのですが、東芝もハード事業からは撤退の方針なのでしょうか。 (´;ω;`)


はぁ。私は結構ASUSのPCは好きで、コスパで選んだら、まず購入の対象にあがるのですが。何が悲しいかと言うと、日本企業がどんどん脱ハード化していくことです…。私は日本人の特性は、ものづくりという作業にとても向いていると思うのですよ。それが、コスト削減の波に飲み込まれて、本来向いているはずの事業からどんどん撤退して行ってしまうのはもったいない気がするのです。


しかも、目先のことだけ考えて、コアコンピタンスの確立もままならない感じで、足元ぐらぐらになってるとこが多いじゃないですか。このままじゃ電機はかなりヤバくて、日本という国は、ほとんど自動車産業という1本のポールにぶら下がってるような国になりかねないんじゃないかと。(特に外貨獲得という点において) 


ブランド管理で、製造が完全委託でまわしていく、っていう形態の企業って、アメリカ型というか、日本には向かないと思うんです。そういうの、あまりうまくないじゃないですか。あと、ソフトをコアにする、って言っても、日本って何だかんだでソフトそんなに強くないし。ハードのコスト競争に巻き込まれて苦しむのもバカバカしいっていうのはわかってるんだけど。それじゃあ、日本は何で生き残ればいいのか。正直、他の業界の人が思っているよりも、ずっと日本の製造業は絶望的ですよ。


日本にいて、他の国の勝ち組企業日本支社に勤めれば、生活にはそんなに影響を与えないかもしれないし、なにも沈み行く船に乗っている必要はないのだけれど。 それでも私は沈み行く船をもう一度浮かせる方に賭けてみたい、と思っている。


ASUSが東芝のパソコン事業の買収に意欲、現在交渉中


2009.08
30
(Sun)

シャープの新製品『NetWalker』 


無題


シャープ モバイルインターネットツール「NetWalker」


製品の位置づけとしては、ポメラ的な、目的特化ガジェットってところか。Ubuntu(LinuxベースのOS)やOpenOffice, firefox, Thunderbirdでそこら辺の価格抑えてるんだな。きっと安いんだろうけど、値段が知りたいところ。


何でこんなに液晶の周りの枠が分厚いんだろう。液晶のインチ上げればいいのに。やっぱり価格を抑える目的かな。


名前が表してるくらいだから、インターネットとメール特化商品なんだろうけど、Blutoothが付いてないのはよくわからんなぁ。必要じゃない?


でも、往年のザウルスをちょっと彷彿とさせるよね。


2009.08
26
(Wed)

アップルの最悪製品5選。 

アップル社のクソ製品5選、というページを発見。

iSuck: Apple’s Five Worst Products, Ever

イアホンの質が悪いのは同意だけど、あの白いケーブルを"かっこいいもの"として全世界に認識させたマーケティングはすばらしいし、iTuneだってビジネスモデル自体は他のどの会社もできなかったことをいとも簡単にやってのけているわけだから、全然Worstじゃないと思うけどね。多分そのものの性質だけ見て最悪、ってことなんだろうけど。

quicktime
あと、QuickTakeっていうカメラを作っていたことは全く知らなかった。

しかし、大きな会社になっても内から腐らないでいい製品を出し続けているコツはなんなんだろうか…。そしてジョブズがいなくなったらこの勢いは終焉に向かうのか?興味は尽きないところ。



 | ホーム |  »
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。