• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
18
(Thu)

CV book 

MBAのオフィスが作成した、CV Bookなるものがついこの間完成した。


とは言っても、私は就職する気は無いので、全く我関せず、MBAの応募用に作成したものそのままの、やる気ゼロ感で溢れるCV(履歴書)を載せただけなのだが。


他の就職活動をするクラスメートは皆、作成する前は、「CV Bookなんて、絶対にどの企業も見ないよ!バカバカしい!」とか言ってたのだが、これが意外。いきなりCV Bookを見て、ブランド戦略会社から会いたい、という旨のメールが来た。


コンサルというよりは、プロマネで、と言ってくれているあたりに、割と嬉しさは感じるものの、ロンドンの会社じゃ、私食べ物合わないんで、ムリですわ。あと気候ね。いや、ブランド戦略っていうのはね、面白そうなわけですけれども。


これ、もし面接受けて、受かったら、ロンドンで働くことになるんだな…。そんな人生もありかな…子供、ハーフ?? と、予定とは違う人生に思いを馳せた。(一瞬だけ。)





スポンサーサイト
2010.03
08
(Mon)
私の通うCambridge Judge Business Schoolは、その昔は病院だったのですが、リフォームし、今では幼稚園?と揶揄されるような、カラフルな内装になってます。


※ちなみにその横にあった産院は、今ではおしゃれ目レストランとして、リフォームされています。(この学校に来た当初、遺体安置所だった、という噂で持ちきりでしたが嘘だったようです。いかにも学校、って感じの噂…。)


今週末は授業があったのですが、普段と違い人がいなかったのと、晴天のため建物内が明るかったので、写真を撮ってみました。


建物探訪1-01  建物探訪1-04
ホワイエから見上げた部分。レゴっぽい!


建物探訪1-03  建物探訪1-02
実際使ってみると、変な方向同士がつながっていて、超不便な階段。実用的なのは裏に隠れている。


建物探訪1-05  建物探訪1-06
箱根の寄木細工のような柄の天井。せり出している部分は皆が集うテーブル席になっている。


建物探訪1-07  建物探訪1-08
ちっとも実用的に見えない、放射線状に延びる排気口。右は入口付近。


何にも似ていない、ユニークなデザインで、私は嫌いではないです。まあ、嫌いでもすぐに見慣れます。


ちなみに、冬場は晴れないので、もっと陰鬱な感じです…。(結構この建物は、外の光が入って来る。) でもこれがこの色じゃなかったら、もっと陰鬱な生活だったかも。


そのうち気が向いたら、各部のスペースの写真も撮ってアップするかもしれません。


2009.11
19
(Thu)
judge


この間日本人同級生と飲み会をしたのだが、それまで、ケンブリッジの同級生が何人かブログを書いてるって、知らなかったよ!(普段、人のブログの話なんか、しないし。)


久しぶりに日本語で下世話(?)な話をしたので 盛り上がりすぎ&飲みすぎで、どうやって部屋に帰ったのか覚えてない上に、知らないうちに日本に電話をしていたらしい。(他人事)


あと、Cambridge MBAの日本向けHPの存在は知っていたのだけど、同級生に管理を任せっぱなしにして、今日まで見たことなかった…。ごめんなさい。許して下さい。


皆さ~ん、Cambridgeの MBAも受けてもいいかな、と思っている人、リンクはここですよ↓


The Cambridge MBA, Judge Business School 日本語サイト


そこで、他の人のブログの最近の記事をいくつか読んでみたんだけど、面白い(役立つ)ブログを書いてる人がいたので、ついでにご紹介↓。


ケンブリッジ MBA 09/10 留学記


来年以降、Judge Business Schoolに来る人は、きっとこの方のブログが役立つと思います。お子さん連れなので、私とは全然違う内容で、面白いです。(つか、私のが一番無駄な情報で溢れている、という噂も)


2009.08
19
(Wed)

Cambridge到着! 

Cambridgeの街に到着した。ロンドンを経由せず、ヒースロー空港から直接Coachと呼ばれる長距離バスで、街までやってきた。

ロンドン経由で行くには、ハリーポッターにでも出てくる、Kings Cross駅に行って1時間くらい電車に乗るのだけれど、Heathrow からKings Crossまでが遠い。そこまで1時間くらいかかってしまう。

更に、ケンブリッジの列車の駅は、街の端の方にあるので、その先タクシーを使わねばならない。荷物も激重だったので、乗り換え回数の少ないバスにした。(ただし、便によって違うが、2時間半くらいかかる。) 

バスの乗り場は、ターミナル1か2の近くにある。ターミナル3からも歩けるが、4,5の人は移動する必要がある。British Airwaysの成田~ロンドン便はターミナル5に着いたので、Heathrow ConnectかHeathrow Expressでターミナルを移動(無料)し、あとはサインに従って、Central Bus Stationに到着。(結構遠い上に、電車では荷物のカートが使えないので、何度か荷物の積み下ろししたけど)






バスに乗って、Cambridgeまでの道のりを眺めていたら、高速道路っぽくない田舎町の小道みたいなところも通っていて、これから行くケンブリッジの街は、どれだけ田舎なんだー!と思ってしまった。

HeartfordやStansted Airport を経由して、ケンブリッジに到着。

学生が、芝生の上で、サッカーやクリケットをしている。大学時代を思い出した。(もう10年前だけど!)






到着後、地図の目算で600mぐらいの道のりだったので、Taxiに乗るべきか否かを相当迷ったのだけれど、40kgもの荷物を持って歩くことにした。

ところが、街のところどころに石畳の部分があり、スーツケースのキャスターが進まない。後で死ぬほど後悔したが、泣きそうになりながら歩く。

結局、日本人の同級生が、私の悲惨な姿を発見して、荷物を持ってくれた。神様に見えるよ!!






2009.06
22
(Mon)

Cambridge 壮行会 

Alumniの方が主催して下さり、CambridgeのMBAに行くメンバーの壮行会が行われた。9月から同級生になる予定のメンバーと初対面。今のところ日本人学生は、全員で10人くらい?(まだどこの学校に行くか決めてない方とかもいるみたいなので、流動的ではあるんだけれども。)


家族連れの人が多いみたい。社費と私費の割合は半々くらいかな。私みたいに単身で社費だと、相当お気楽だなぁ…。


色々気になっている点について質問した。特に持ち物について。布団は持っていかなくてもいい、とか、炊飯器は向こうで買える、とか。


sokokai.jpg

幹事の方が、色々凝った演出をしてくださっていて、"Cambridge Splash"という名前のカクテルを用意してくださったり、1人1人の名前入りのケーキを用意して下さったり。

しかも、学校から補助が出てるらしくて、無料だった♪


まだあまり実感が無かったのだけれど、少しだけ実感が沸いてきた…かな?




 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。