--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
13
(Fri)

イギリスのかわいい雑誌 

イギリスの雑誌は、若い頃結構好きで、よく輸入ショップで買っていた。一番好きだったのは、まあメジャー路線だけど、Wallpaper*。いまだに日本でもよく買ってしまう…。



↓イギリスで買える“かわいい”雑誌と言えば、代表的なのはこのLula。よく、セレクトショップや、カフェの棚なんかに置いてあったりするので、日本でも(一部では)おなじみ。
magazine3


↓アメリアは、インディペンデントマガジンなのだが、Amelia Gregory本人が自分の好きな人や作品を紹介している雑誌。日本で言えば大橋歩さんの作ってるArneみたいな感じ。もちろんテイストは違うけど。
magazine1


↓Veryは、ロンドン、ニューヨーク、パリにオフィスを構えるVERY UP & COが編集・発行しているカルチャー誌。
magazine2


I-Dとかは、メジャーだから紹介しなくてもいいか。ちょいモード寄りなので、昔は読んでたけど、今は興味無し。あと、MONOCLEっていう、Wallpaper*創刊した人が2年前に作った雑誌も面白い。WIGっていう雑誌も私の好み。


まあ、ロンドンっぽいとも言うんだけど、カウンターカルチャー系の雑誌が多いのは、大きな特徴かと思われ。


問題は、雑誌買う時間くらいはあるけど、読んでる時間がないってことなんだけど…ね。

スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。