--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
27
(Sat)

Midsummer House に行ってきた。 

宿題が終わってないのだけれど(あと1本!)、そろそろ息切れしてきたので、今日は息抜きをした。


ケンブリッジにも1軒だけまともと言われているレストランがある。Midsummer Houseというレストランなのだが、以前から気になっていたので、今日行ってきた。



midsummer01



このお店、ケンブリッジで一番どころか、ロンドン以北で一番と言われており、何と、イギリスにあるフランス料理店なのに、ミシュランが星を2つ付けているのだ。フランス人なんて100%イギリスの料理のことバカにしてると思うんだけど、それでも星付けてるくらいだから、相当なもんだろうと。


ケム川沿いの一軒家レストランなのだが、Middummer Commonという公園(っていうか単なる広い芝生)の横にあり、気持ちいい。テラス席もある。室内の席も、温室のようになっていて、光が存分に入って来る。


ただし、1階席からはケム川が見えないので、もったいないなぁ、と思っていたら、どうやら1999年と2000年に、ケム川が氾濫して店が水没したらしい…。だから高い塀で囲まれてるのね…。



■前菜

midsummer02


店員のフランス語訛りが強すぎて、なんだか全く聞き取れなかったのだが、多分グリンピースのピューレの上にポテトのスープがかかっているもの。日本のロブションとかもそうだけど、こういう店って、ぶくぶくしたもの好きだよね。



1st コース

■鳩とちりめんきゃべつの重ね焼き、レーズンピュレ添え。

midsummer03

ちりめんきゃべつは今旬なので、甘みがあっておいしい。普通の食感のきゃべつとクリスピーにかりかりっと焼いたものとを両方重ねている。



■ブロッコリーソースとスティルトンのパンナコッタ

midsummer04

私は食べてないので味はわからないが、スティルトンのパンナコッタにその場で綺麗なグリーンのブロッコリーソースをかけてくれた。とても春らしい一品。上に乗っていた野菜がなますっぽい味だったらしい。



2nd コース

■牛タンのグリル

midsummer05

柔らかい牛タン。横に添えられた黄色いソースはにんじんとコリアンダーのソース。コリアンダーがいい塩梅にスパイシーさ加減を加えている。カリカリのケイパーが食感のアクセントに。



■サーモン

midsummer06

私は食べてないのだが、サーモンの上に色々なものを乗せてグリルしたもの。横に添えられたズッキーニとその下のソースがやはり綺麗な緑色で、ソースの赤との対比が鮮やか。



■デザート
オレンジ&チョコレート

midsummer07


オレンジのソルベにチョコレートを刺したもの、チョコレートのソース入りミニマドレーヌ、オレンジゼリーとチョコムースのケーキ。



■その他

midsummer08 midsummer10


パイ生地を菱型に焼いて砂糖をまぶしたものに、バニラビーンズがこれでもか、と入ったクリームと、リンゴのコンポートをなめらかにしたものを付けて食べる。あと、チョコレートが1人2個ずつ。ついでにコーヒーもオーダー。


しめて、計45ポンド。(今日のレートで、日本円で6165円)


ロブションだと、ランチの一番安いコース(平日しかないやつ)で6000円だし、まあこんなもんだろうなーとか思ったりするわけですが、サービスは明らかにロブションの方が至れり尽くせりだからなぁ…。


また夏とかに行きたいな、テラス席で食事したい。

スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。