--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
22
(Thu)
ウィンブルドンを観に行ったのだけれど、私個人のツボだったのだが、試合自体や選手よりも、ラインの判定員のおじいちゃん&おばあちゃんに夢中だった。(比較的若い人もいるのだけれど、年取っていればいる程、魅力的。)


メインの審判はジャケットを脱がないのだけれど、それ以外の人は、入場まではジャケットを着ているが席に着くと脱ぐ。上はブルーのシャツで、男の人はネクタイ。女の人は下は白のスカートかパンツを選べるらしい。この格好もかわいい。


wim14



そして、試合の最中は、普段は立っているのだけれど、サーブの前になると、皆一斉に屈む。

wim10
wim11



かわいすぎる。ボールボーイやボールガールもかわいいけれど、審判員軍団のかわいさは異常。1人1ラインをあてがわれていて、ラインに入らないとその見ている人が叫ぶシステムになっている。たまにすごい声の小さい人とかいて、心配になる。


wim12


選手には、1セット3チャレンジの権利が与えられており、審判にチャレンジすると、画面で球の軌道シミュレーションが行われる。おじいちゃんおばあちゃん達ではあるものの、見る目はしっかりしているらしく、何度もチャレンジは行われたが、私たちが観に行った時は一度も判定が覆らなかった。


テニスの試合観に行ったはずなのに、撮った写真のほとんどが審判…。


今度からは審判のかわいさにも要注目。


スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。