--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
15
(Sun)

イギリス風茶碗蒸しに挑む。 

茶碗蒸しは私の大好物なので、昔から結構よく作る。しかしイギリスに来てからは、蒸し器も茶碗蒸し用の蓋付き容器も濾し器も持ってきてないので、大鍋とマグカップ、卵液は濾さないという、全くの手抜きで作っている。鍋で作ると’す’が入りやすいのが難点だが、細かいことを気にしなければ大丈夫。


1 カップの1/3~1/2ぐらいの高さまでお湯を張って沸かす。
2 卵1個に対して大体だし汁120cc~150ccくらい入れ、醤油と塩で味付け。
3 お好きな具を入れる。
4 お湯の沸騰したお鍋に入れて5分中火(鍋と鍋蓋の間に箸を1本挟む)
5 あとは火を止めて10~15分待つだけ



普段はもちろん自分で出汁も取るのだが、イギリスでは鰹節も高いので、もっぱらだしの素使用。それでもなかなかおいしい茶碗蒸しはできる。キッチンメイトには 「え??卵に水入れんの??どういうこと?」と訝しまれたけれど。


しかし毎回問題は具である。イギリスでは、ぎんなん、かまぼこ、みつば、たけのこ、くわい等の具はイギリスでは手に入りにくい。そこで、毎回、それっぽい具でしのいできた。

hutsu01


大体いつも入れるのは、鶏肉、かにかま、しいたけ、青ネギ(彩り用)


なのだが、ふと、「いや、イギリスに来てるんだから、イギリスっぽいもの入れちゃえばいいじゃない!」と思い始めた。


そこから、今回のイギリス風茶碗蒸しの挑戦が始まる。






■フィッシュ&チップス 茶碗蒸し
だいたい、フィッシュアンドチップスに使われている鱈は、かまぼこの元になっているのだから、かまぼこを入れることを考えれば、いけるはず。じゃがいもはわかんないけど。 まず、じゃがいもを賽の目に切って、レンジでチン。たらは火が通るように、小さめに切って入れる。

fc01fc02

【結果】○
普通においしい。じゃがいもが割とねっとりしたタイプのものを選んだので、食べ応えがある。思ったよりも全然普通。ただ、鱈とじゃがいもは両方とも味が淡白なので、全体的に淡白な感じになった。ちょっと火通しすぎて、上はすが入ったけど。



■洋風 茶碗蒸し
中身は豚肉、マッシュルーム、ほうれん草。特にイギリスを意識したわけではなく、冷蔵庫にあったものを入れた。
Roastbeef01hutsu02

【結果】◎
かなりおいしい。豚肉の存在感が出ている。甘みというか、鱈とジャガイモに比べ、コクが出ている。



■ツナコーン茶碗蒸し
イギリス、というイメージは無いかもしれないが、イギリスに実際いると超メジャーな2食品。特にサンドイッチやサラダに多用される具を、茶碗蒸しに!という発想。

tunacorn01tunacorn02

【結果】○
普通にうまい。ただ、味にインパクトが無いので、茶碗蒸し自体がぼんやりとした味に。コーンの食感は効いているのだけれども…。



■ローストビーフ茶碗蒸し
イギリス料理と言えば、ローストビーフですよ。やっぱり。ということで、ローストビーフを購入してきた。

Roastbeef01Roastbeef02

【結果】◎
うまい。かなりうまい。が、茶碗蒸しに入れる意味がよくわからなくなってくる。(企画の意味無し)



■ビーンズ茶碗蒸し 
イギリスと言えば、ブレックファースト。朝食だけがおいしい、と言われる国なのですが、その朝ご飯に必ずと言っていいほど出てくるビーンズ。まあ大豆を茹でて、トマトで煮ただけなので、日本食との相性は期待できるはず。

beans01beans02

【結果】○
あー悪くない。全然まずくない。さすが大豆。日本寄りの食材なだけはある。トマト煮なので、底の方は若干酸味があって、茶碗蒸しっぽくはないんだけど、でもさっぱりと食べられる。



■ヨークシャープディング茶碗蒸し
イギリス料理によく添えられる、ヨークシャープディング。プディングというとプリンを想像しがちだが、これはどちらかと言うとパンとパイの間のような感じ。ローストビーフの汁とかを付けて食べる。見た目が麩っぽいので、麩ならイケるんではないか、とのことで採用。

yp01yp02


【結果】×
口の近くに運んだ瞬間、パンの香りが!!茶碗蒸しなのに!頭は混乱しているものの、何とか完食。味としては、茶碗蒸しにパンを浸して食べてる感じ。



■コンソメ茶碗蒸し
そもそも、だし汁を和風から洋風にすべきなのでは?ということで、イギリスで一番メジャーなコンソメ、OXOシリーズでだしの代用。

mashroom01mashuroom02

【結果】××
おかしい。全く茶碗蒸しじゃない!出汁の種類を洋風に替えただけなのに!全くまずくないのに、口に入っていかない。明らかに脳が混乱している。



イギリス風茶碗蒸しは、茶碗蒸しのベースにしっかり味付けすれば、大抵何入れても食べられる、ということが判明。ただし、出汁はあくまで和風のものを使うべき。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。