--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09
16
(Thu)

イギリスの果物 

イギリスでは簡単に手に入るが、日本ではあまり手に入らない果物、というものがいくつかある。(南国ではないので、珍しいものを見かけると大抵輸入物だったりするのだけれど。)


■ルバーブ。
果物1
以前も書いたけれど、生のものは日本で買うと高いし、第一ほとんど手に入らない。生食ではなくジャム向き。


■フラットピーチ。
果物2
毛ありと毛なしがあるのだが、毛ありのものは日本の桃に近い味。甘みが強くて美味。値段も日本の桃よりずっと安かったし、剥きやすかった。イギリスにいる間、何度もリピート購入。


■パインベリー。
果物3
ウェイトローズでしか買えない赤白逆転イチゴ。身が白くて種が赤い。これを買うために延々自転車をこいで、遠くのウェイトローズまで買いに行った。味がパイナップルに似てるので、パインベリーと言われるらしいが、見た目に反してイチゴとはかなり味が違う。



■グースベリー。
果物4果物5
緑色で小粒なベリー系の果物。生ではなくジャム等、煮て食べるのが普通のようだ。日本語ではマルスグリと呼ばれ、他の黒スグリ(カシス)などと食感は似ており、粒々っとした感じである。(種なのかな?)ちなみに食用ほうずきはCape gooseberryと呼ばれており、こちらも日本よりもメジャーだった。

スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。