• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
30
(Sat)

卒業式 

2011年、4月30日。とうとうこの日がやってきた。MBAの卒業式である。プログラムはたしか165人くらいだったと思うが、今回の卒業式に参加表明をしたのは、そのうち140名。(実際来たのは120人ちょいくらいだったっぽい。)素晴らしい参加率である。


ウィリアム・ケイト
たまたまウィリアム王子とケイトの御成婚の次の日だったため、イギリス入りも混んで大変かな、と思ったが、時間がずれていたためか、比較的スムーズに到着することができた。例年と違い、日本のゴールデンウィークに当たっていたため、かなり前から航空券を手配していた。


日本に就航したばかりの格安航空、エアアジアXでイギリスに向かう。羽田~スタンステッドというルートを使えるのは非常に魅力的である。成田は遠すぎるし、ケンブリッジに行くにはヒースロー空港は遠すぎる。(スタンステッドなら40分くらいの距離である。)


服装
まず朝起きて、卒業式に必要なガウンを借りに行く。卒業式の服装規定はとっても厳しい。事前に服装チェックがあり、そこをパスしないと卒業式自体に参加することは許されない。男性であれば、フォーマルな礼服に白いシャツ、白い蝶ネクタイに白い蝶ネクタイに付ける布みたいなやつ。靴下は黒以外許されない。女性は黒いスカートスーツに白いシャツ、もしくは黒いドレスである。ストッキングは肌色か黒。両方とも靴は黒。その上にMA用(修士以上の人)のガウンを羽織り、緑色のフードを付ける。このフードが取得した学位を表す。例えばMaster of Artsなら赤、Master of Philosophy なら青、という感じ。MBAは緑である。



集合
その後、MBA全体でビジネススクールの前で記念撮影。入学式の時の写真も同じ場所で撮った。


practice
その後は各自のカレッジに分かれて食事、その後卒業式の予行練習。意外に面倒なようだ。この太ったおじさんは何のためにいるんだろう…と昔から謎だったのだけれど、卒業式では大活躍していた。基本的にはラテン語で式が執り行われるため、何を言っているかはよくわからないので、手を差し出したら指を1本ずつつかむ、帽子を2回取ったら元の位置に戻る、等様々な合図を教えてもらう。


Pimmsimage
その後かなり時間が空くため、同級生達と近くのパブにPIMM'Sを飲みに行く。突き抜けるような青空の下、だらだらお喋りしながら、イギリスでイギリスらしい夏の飲み物を飲める幸せ。(写真がPimm's。必ずキュウリが入っているのが納得できない)


行進
卒業式にはカレッジごとにまとまって、式の布陣で行進していく決まりになっている。4人縦隊で式の行われるSenate Houseに行く。今まではケンブリッジの学生として、卒業式のこの行進を外から眺めていたけれど、見られる側に自分が加わっていることが不思議に感じる。街中の人にかなり写真も撮られた。


ceremony
カレッジ代表が手を差し出したら、4人がそれぞれ指を1本ずつ掴む。するとラテン語で何かを言うので、終わったら元に戻って、名前が呼ばれるのを待つ。名前が呼ばれたら、前に出て跪き、手を胸の前で合わせる。するとその手を挟まれ、またラテン語でつぶやかれる。(ちなみに式場内撮影禁止。この上の写真は後で購入する。ジェットコースター一番怖いところで撮られるやつとシステムが似てる。)


lawn
その後は出口に歩いて行って、芝生で写真を撮ったりする。これ正式な卒業式は終了。しかしビジネススクール主催のハイティーがあったり、その後クラブに繰り出したり…と、催し物は夜明けまで続いたのだった…。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。