• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
08
(Mon)
私の通うCambridge Judge Business Schoolは、その昔は病院だったのですが、リフォームし、今では幼稚園?と揶揄されるような、カラフルな内装になってます。


※ちなみにその横にあった産院は、今ではおしゃれ目レストランとして、リフォームされています。(この学校に来た当初、遺体安置所だった、という噂で持ちきりでしたが嘘だったようです。いかにも学校、って感じの噂…。)


今週末は授業があったのですが、普段と違い人がいなかったのと、晴天のため建物内が明るかったので、写真を撮ってみました。


建物探訪1-01  建物探訪1-04
ホワイエから見上げた部分。レゴっぽい!


建物探訪1-03  建物探訪1-02
実際使ってみると、変な方向同士がつながっていて、超不便な階段。実用的なのは裏に隠れている。


建物探訪1-05  建物探訪1-06
箱根の寄木細工のような柄の天井。せり出している部分は皆が集うテーブル席になっている。


建物探訪1-07  建物探訪1-08
ちっとも実用的に見えない、放射線状に延びる排気口。右は入口付近。


何にも似ていない、ユニークなデザインで、私は嫌いではないです。まあ、嫌いでもすぐに見慣れます。


ちなみに、冬場は晴れないので、もっと陰鬱な感じです…。(結構この建物は、外の光が入って来る。) でもこれがこの色じゃなかったら、もっと陰鬱な生活だったかも。


そのうち気が向いたら、各部のスペースの写真も撮ってアップするかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

 

ウィリアム・モリスのレッド・ハウス行ってないよ。そのうち行こうかな。

北欧で家具~のくだりは、私は子供のころ有閑倶楽部で知ったよ。チッペンデールとか。

ほら、美童スウェーデンじゃん?

 

見たい見たい!
写真いっぱい取ってください!
建物の色、大事だよねー。北欧でインテリア文化(IKEAとか、テキスタイルとか)が発達したのも、暗くていつもお家に居なきゃいけないから、とどこかで読んだ。
イギリスって、いつも暗いからか、ものすごい色の壁とか絨毯があるよね。
ウィリアム・モリスのレッド・ハウス、行った?私は行ってみたいと思いながらまだ一度も行っていない・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/130-8faa680a

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。