• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04
27
(Tue)

パリ、ところどころ 

今回、火山の噴火のせいでさんざんだったし、もうパリに着いた時には週末だったので、パリで1日ゆっくり過ごすことにした。



と、いうわけで。



緊急企画、「パリ、ところどころ」をお送りします。



ガイドブックも何も持っていない上に、私はパリの土地勘が全くないので、とりあえず地図を片手に食べ歩きをした、ってだけの報告です。


■朝ごはん

おパリ01おパリ02


パリの朝と言えば、カフェ。パリの老舗2大カフェと言えば、ドゥ・マゴ&フルール! 


今回はドゥマゴでゆっくりコーヒータイム。しかーし。カプチーノが6.7ユーロもするのもどうかと思うが、ここの名物のタルトタタン(リンゴのケーキ)は9.7ユーロですわよ。高い。高すぎる。まあもう、ほとんど観光名所みたいな感じだからしょうがないのかもしれないけど。


はい、そこ、わざわざパリに行かなくても、日本にもあるじゃんとか言わない。確かに日本にもあるのですが、サルトルやボーヴォワール、ピカソ、マラルメ、ランボー等が通ってたのは、ここのこの場所なのです。


前回ここに来たのは、まだ渋谷にドゥマゴができる前だったな・・・。(年寄りの独り言)



■昼ごはんその1

おパリ03


お昼ごはんは、手打ちそば「円」です。実はドゥ・マゴとフルールの間の道を少し歩いた位置にあります。ガラス張りのそば打ち台は外からも見ることができるようになっています。


お昼ごはんは、私の大好物、鴨せいろ!


ちゃんとしたお蕎麦を食べるのは、日本を離れて以来なので、超感激。日本以外の国で食べられることを考えると、決して悪くないコストパフォーマンスかと思われます。15ユーロで、量はまあ少なめだけれども。久しぶりに長ネギ食べたよ。


私は鴨せいろオタクなので、色々言いたいことも無きにしもあらずですが、まあフランス人客向けになっている、という解釈をしました。(例えば、つけ汁の薄さとかね)


ちゃんと蕎麦湯も出てくるあたり、最高です。ちなみに、ここの従業員のお姉さんにおすすめの日本食レストランを聞いて、この後の食事の参考にしました。


■昼ごはんその2

おパリ04

そばと言ったら、次はうどんです。パリで大人気の手打ちうどん「国虎屋」です。あまり堪え性があるようには思えないパリっ子達が、毎日行列を作っているお店で、店内は大賑わいです。


まわりのフランス人は温かいうどんを食べていましたが、本格派日本人の私としては、うどんのこしを確かめるためにも、冷たい天ざるうどん(16ユーロ)をオーダー。そこに、ランチセットを付けました(炊き込みご飯、卵焼き、揚げ魚、柴漬け:4ユーロ) 昼ごはん2食目で結構お腹いっぱいだったのですが、ついついランチセットを付けてしまうあたりに、貧乏くささが滲み出ています。


天ぷらは、海老、ズッキーニ、パプリカ、スカッシュ、さつまいも。野菜本来の甘みを引き出しつつも、サクっと揚がってます。うどんもしっかりコシがあって、もっちりとした歯ごたえ。四国のうどん、って感じの食感です。



■夜ごはんその1

おパリ05

「Zen 善」でラーメンです。ここのお店はなかなか定評のある和食レストランらしいです。揚げねぎラーメン(12ユーロ)、餃子(5ユーロ)、緑茶(3ユーロ)ですが、ランチで来れば、ラーメン+餃子が9.9ユーロだそうです。パリにおいしいラーメンは無い、というもっぱらの噂だったのですが、味はまあまあと言ったところでしょうか。


この間ドバイで食べた偽ラーメンに比べれば、何倍もマシです。ちゃんとラーメンであると言えます。でもまあ正直、そばやうどんの方がコスパはいいかな・・・。
 


■夜ごはんその2

おパリ06

通りがかった「ラーメンひぐま」に、ちゃんぽんというメニューがあったので、喜び勇んで入って注文したのですが、大変残念ながら、出てきたのはタンメンでした…。ちゃんぽんはとんこつなのよー!こんなクリアスープでちゃんぽんって!


中に入ると、給仕している人に日本人はいたのだが、調理しているの中国人とインド人。円でお姉さんに「日本食っぽくても、中国人経営で本物じゃないところが多いの、気をつけてくださいね」ってフラグ立てられてたのにー。まんまとひっかかってしまった…。お店に入ったフランス人は8割方焼き蕎麦と餃子を注文している。それ以外のメニューはほとんど出ていない、ということに後から気付く。


欲張った私が間違いだった…。



■朝ごはん

おパリ07


次の日、朝からとらやに行き、季節の饅頭(春のアールグレイ饅頭)と餡トリュフ、抹茶で朝ごはん。

あんこがあまり好きじゃない私だが、アールグレイ饅頭はなかなかおいしかった。餡トリュフも餡が少なくて、中には酒漬けのチェリーが入っていて美味。


■昼ごはんその1

味噌ラーメンがおいしい、という噂の店もチェックしておいたのだが、さすがにフランスで和食の麺ばかり食べるのも何なので、ミシュランの1つ星の店でコースを頼む。

おパリ08おパリ09


ベタにエスカルゴ。あと牛肉のワイン煮込み。激ウマ。フランスパンがまたおいしいーんだ。



■昼ごはんその2

おパリ10


30分歩いてお腹をすかせ、オニオングラタンスープとカプチーノ。おいしい。食べすぎで動けない。




以上、2日間、人間はどこまで食べられるのかに挑戦!のコーナーでした☆ 



個人的なおすすめは、ソバの円とうどんの国虎屋。パリに寄られた際には是非。



なんだか、こんな食べ歩き記なんて載せた時点で、今までの悲壮感が半減どころか飛び散ったような気がしないでもないのだが、元々5日間の予定だった旅行が13日にまで膨れ上がり、疲れもそれなりに溜まっているよ。色んなことがありすぎて、旅行序盤のこととかもう遠い過去の話みたいだもん。ウクライナ?え、私行ったっけ?くらいの。



スポンサーサイト

コメント

 

いいなー、パリ。
最高だ。
今回は特に最高だったんじゃないか。
行きたいなぁ、フランス。
行きたいなぁ、都会。

 

わかります。私の周りの人も、皆イギリスの食事まずい、と言いつつも、太る人続出です…。(さすがに15kgまでは行かないですけど) 何故でしょう。太る意味がわからないです。

フランス行って痩せたっていうのもすごいですね。絶対に太りそうな感じですけどね…。

 

ギガさん(ってお呼びしてもいいですか?)、レスありがとうございます!
私、そのイギリスで若かりし頃(笑)1年で15キロ太ったツワモノです。
その後、少し暮らしたフランスではイギリス以上に食べていたにも関わらず痩せる一方だったんですけどね!?
やっぱりパリの雰囲気がそうさせるのかなぁ?
すみません、長々と書いちゃいました。

 

あやさんこんにちは!

パリはさすがです。こんなに近いのに、何故ここまでイギリスと食文化が違うのか、全くもって謎です。

イギリスにもおいしい和食屋さんが欲しいのですが、いかんせんレストランってお客さんがレベル決めるんですよね…。

イギリスで大人気のワガママという和食がありますが、もう本当にひどいです。

 

毎回ブログ更新を楽しみにしています。
見ているだけでおなかが一杯になって幸せな気分になりました。
ごちそうさま!!
私も長いことパリには行っていないので食べまくりの旅(私のモットー)に出かけたいなぁ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/163-3fc9207b

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。