• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05
09
(Sun)

蜷川幸雄 「Musashi」 ロンドン公演。 


ムサシ03


今週末は、蜷川幸雄「Musashi」ロンドン公演をバービカンセンターに観に行ってきました。出演は、藤原竜也/勝地涼/鈴木杏/六平直政さん達です。


日本では、佐々木小次郎役は小栗旬さんだったらしいのですが、ロンドン公演では勝地涼さんが演じられていました。(でも顔の雰囲気は似ていた) 


私は観劇が昔からの趣味なので、日本にいる時までは、蜷川の舞台はここ5年分くらいほとんど観てるんですけれども、このムサシはあんまり蜷川っぽい感じでもないな、と思ったり。海外公演版だからなのかな。もっと普段は煌びやかで、かつまどろっこしくない演出する人だと思うんですが。


ムサシ01

開演前の風景。客層は、7割くらいが日本人かな、と。売店のアイス屋のおばちゃんが、「バニラとチョコとイチゴとカフェラテ味があるんだけど、今日はね、カフェラテ味ばっっっかり売れるの。どうしてかしら??」と首をかしげていた。いつもより客層の傾向が狭いからではないでしょうか…。


そして、日本人女性とイギリス人(っぽい)男性のカップルの多さに驚き。逆のカップルはほとんど見かけなかったのですが。日本人女性が外国人男性にモテる、というのは知識レベルでは聞いたことあるのですが、全く自分がモテないので、神話かと思ってました。残念ながら、どうやら事実のようです。


休憩時間中、劇場内の人が、ちらちら私の方見て来るなー、何でかなー、と思って、ふと後ろを振り向いたら、私の真後ろに蜷川幸雄が座っててびっくり!そりゃ、皆見るわ。ずっとその席で観ていたらしく、アンコールの途端に客席を出て行きました。会場が一番盛り上がったのは、2度目のカーテンコールで蜷川さんが登場された時でした。


この劇を書かれた井上ひさしさんの写真。今年の4月に急逝されましたが、本来であればロンドン公演にも来られる予定であったとのことです。今回の公演は追悼公演という位置付けになっている、と書かれています。

ムサシ02


アンコールの際には、勝地さんが井上さんの写真を持って登場されてました。

ムサシ05ムサシ04

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/169-c0047f85

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。