• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
14
(Wed)

外国人からよく言われること。 

私は、日本どころか、東京を出て暮らしたこと自体、今回の留学が人生初の経験であった。だから外国人とまともに触れ合う機会も今までそんなにたくさんあったわけではないし、仕事でも英語をバリバリ使うような仕事ではなく、どちらかというとコンピュータとお友達♪、って感じのヲタ系職種である。


そんな私が留学中外国人の同級生からよく言われたことがいくつかある。


1 インテリジェントだね。
これは、本当に思っている、というよりは、言葉が他の国の人に比べ不自由な私を気遣ってくれての台詞だと思われる。「(喋れている内容よりは、実際は)インテリジェントだね。」 という感じなんだと思う。


正直、周囲の日本人学生を見ていても、英語がこの1年ですごく上達したなぁ。と思う人はいないし、自分の言語能力も一切上がっていないように感じる。本気でインテリジェントであると思わせるには、表現能力がいくぶん足りない。


2 オタクなんだね。
日本人であれば、私は普段2ch用語とか普通に使って喋ってるので、私がヲタであることはすぐにわかるはずなのであるが、英語ではそんなこと伝わるまい。と思っていたのが大間違い。


オタクを指し示す言葉としては、Geekyやnerdyという言葉があるが、さすがにnerd呼ばわりはされたことはない。ただ、普段なるべく専門用語は使わないようにしているのに、話しているとGeekyだね。と言われてしまうことが多かった。あと、「理系でしょ」と言われることも多かった。やっぱ透けて見えるんだろうな…。


3 日本人の割には英語喋れるね
これも受け取りようによっては失礼な話なのであるが、ものすごくよく言われる。実際に他の日本人と比べているのではなく、彼らの中に”日本人のイデア”のようなものがあって、それがひたすら喋らないでニコニコ微笑んでいるイメージで、そこから外れると意外に思うのではないだろうか。


ちなみに私が他の日本人学生よりも実際に喋れる、ということは絶対にありえない。何故なら、私はTOEFLのスピーキングでものすごい苦労して、10回受けて結局最初から最後まで15点(30点中)だった。リスニングとリーディングで最初から29点(30点中)取れていたことを考えると、私のスピーキング能力は圧倒的に低く、私の他にこんなに差のついている人はあまり聞いたことが無い。だからきっと皆気を遣って全員に言ってるんだと思う。よ。


4 一番日本人らしいよね。
これも日本人のイデア(日本人と言えばこういう人、みたいなステレオタイプ)と深く関わってくるのだが、日本人らしいよね。とよく言われた。でもこれは西洋人でなくて、東洋人から言われる。


察するに、茶髪であることと、服装がチャラいことが関係しているかと思われる。あとブランド好きも関係してるかも。エルメスマンセー的なことを言ったら、インド人女子に「インドではババアの持つもんだ」とぶった切られた。あと、ハイテク産業に関わってることもかな。


5 若く見えるね。
うってかわって、こちらは西洋人からしか言われない。東洋人は若く見えるのだ。しかも私は女性陣未婚組の中ではほぼ最年長の部類(お局)に属するため、年齢とのギャップが大きいらしい。誰それと同じ年齢には見えない、と比較でもよく言われるのだけれど、こちらは相手に失礼なので反応しづらいことこの上ない。


留学に来て思ったのだが、言葉と人格は深く関わっている。私の英語の人格と日本語の人格は全然違うし、周囲の日本人を見ていてもそうである。しかしながら、人としての本質は決して言葉には宿らないし、語学取得はあくまで自分を表現する手段であって、目的にはならない。(まあそんなこと来る前からわかってはいたのだけれど。)


だから留学に来る前に英語を頑張るのは、まあそれはそれでいいんだけれど、そんなことよりも歴史を勉強したり、政治を勉強したりして、(芸能でもスポーツでも何でもいいんだけど)実際にその国から来た人にどう思っているのか聞いてみたり、そういうことの方がずっと役立つと思っている。それがないと、パーティで人の話聞いてニコニコするだけになってしまい、完全な時間の無駄になる。


周囲の人も気を遣って日本の話を振ってくれるのだが、それに答えているだけでは、自分の得るものがあまりにも少ない。なので、語学だけを集中的に勉強するのではなく、興味を幅広く持って知識を付けていくことが重要だと思う。自分の知識の幅の倍数ではなく、累乗で会話で得られるものが増える。特に、MBAは安くない投資だ。機会損失も含めれば1500万とか人によっては2000万。これから留学される皆さんはその辺考えて行って下さいませ。


さくらん
スポンサーサイト

コメント

はじめまして! 

pepperkeibu さん、こんにちは。

私も、英語をしゃべる自分の人格を通して、自分について新たな発見がいくつかありました。今回の留学を通して、自分の性格に対する理解が深まったと思います。

旅行に行ってしまうことが多いのでケンブリッジにはそんなにいないかもしれないですが、9月の上旬くらいまではいる予定ですので、お会いできたらいいですね!!

 

はじめまして。ケンブリッジ掲示板にあった引越しセールのURLから飛んできました。言語と人格の関係というキーワードに食いついてしまいました。この人格の違いは自分が英語圏の国に住み始めたとき結構悩みました。これは本当の自分じゃない!って。でもそれも本当の自分なんですよね。英語をしゃべる自分の人格を通して自分について新たな発見もあったり。今はこのギャップとうまく付き合っていこうと思っています。
ブログ大変興味深く拝見させていただいています。服の話も同意です。私の私服では日本に帰れません。笑
ちなみに私もケンブリッジで働く妙齢の理系オタクなので、帰国される前に知り合っていればなー!と勝手に残念に思っています:)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/193-fd1a702b

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。