• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07
21
(Thu)

RIP 

ケンブリッジに留学していた時は、皆がいきいきと輝いていて、1年間という限定のモラトリアム期間を大いに満喫しているように見えた。

私が卒業したのが2010年、卒業から早6年の月日が経った。

当時同級生の平均年齢は確か31歳だったと思うけれど、米国MBAに比べ比較的年齢層が上とは言え、今になってみれば若く、皆エネルギーに満ち溢れていた。

当時は未婚と既婚が半々ずつぐらいだったのが、6年も経つと既婚者が多くなり、子供を持つ人も多くなり、ライフステージが変化した人が増えている。





そんな中、同級生の訃報が飛び込んできた。

中国出身の女性だ。アジア人同士ということで、割と仲良くしてもらっていた。MBA取得後はロンドンに残り、巨大企業のマーケティングマネージャーとして働いていた。非常に聡明かつ芯が強く、でも押しの強くない控え目な印象を持った人だった。

私は彼女に中国人はステータスが高い人ですら、アメリカ行きの査証を入手するのは至難の業であることを教えてもらい、自分の国がどれだけ恵まれているのか、ということを間接的に学んだ。





死因は脳腫瘍ということだったが、彼女は私よりも若く、そして私の子供より1つ大きな女の子がいた。

彼女は余命宣告をされた後、子供が成長するときに傍にいてあげられないことが悲しい、と淡々と友人に語っていたという。

もし、自分の子供を置いて逝かなくてはいけなくなったら…と想像しただけで胸が苦しくなる。耐えられない、という気持ちで爆発してしまうに違いない。そんなに冷静でいることができるだろうか。





MBAの同級生なので、どうしても人の大枠をキャリアで捉えがちだけれど、ライフステージの"あがり"は死であり、キャリアでは無い、ということを強く実感することとなった。

自分はどう生きていきたいのか、明日死ぬとわかっていても今日やる予定のことをやるのか、自分への問いかけの一助として、彼女と一緒に行った旅行先イーリーで撮った写真を会社のデスクに飾った。


Elain


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/239-8cd98948

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。