• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
21
(Sat)

エリザベス女王ケンブリッジへ 


木曜の朝学校に行こうとしたら、たくさん警官が。エリザベス女王がケンブリッジに来ているとのこと。結構見に行った人もたくさん。






エリザベス女王からの関連で、昔、ダイアナ妃を亡くなる1ヶ月前にミラノで見たことを思い出した。ヴェルサーチの葬式の時(若い人は知らないだろうが、ヴェルサーチの創始者ジャンニ・ヴェルサーチは、私が若い頃に男娼に射殺されたのだ)。でもその時は、まさかダイアナ妃が死ぬなんて思ってもいなかったし、その後に出てきたカール・ラガーフェルドの方にしか興味が無くて、ほとんど何も覚えてないけど。(大学生の頃は熱狂的なラガーフェルドファンだった…)



ケンブリッジ大学は、エリザベス女王の旦那さんの Duke of Edinburghが一番偉い人ってことになっている。具体的に何かしてるとは思えないけど。






あと、ついでに、入学する前に、「世界のリーダー達のスピーチ」っていう音源を聞いたんだけど、エリザベス女王と、マーガレット・サッチャーの言ってることが全く聞き取れなくて(イギリスのアクセントをほとんど聞いたことが無かったから) うわ~こりゃまずいかも。と思って焦っていたのだけれど。昨日授業でサッチャーの演説聞いたら、ほぼ理解できた。


確実にイギリス英語に慣れつつあるよ!(その分アメリカ英語が聞き取れなくなっている可能性も否めないが…。)


サッチャーは、スピーチのデリバリーの練習をかなりしていたようで、専属トレーナーをつけてたらしい。アクセントは高目から入って、次第に落としていく。最後の方は喉の奥を開けるように声を響かせる…とか、その時見たビデオは、個人的には参考になった。
スポンサーサイト
 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。