• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01
23
(Sat)

今学期の授業 

先学期のMBAの授業は、ファイナンスとソフトスキルが中心だったので、あまりまともに貢献できなかったのだけれど。今学期はかなり私寄りの内容なので、随分楽。

■ Marketing
■ Strategy
■ Operation
■ Innovation

は、自分にも身近な教科だし。ファイナンスやアカウンティングをやっていた時は、正直何しに来たんだろう、やっぱりMBAじゃなくて、MOTに行くべきだった…。とかなり後悔したこともあったのだけれど。


日本人だから、とは思わないけど、最低限の知識としてTOYOTAのオペレーション内容は知っておきたいので、指定の教科書以外にも本を読んでいる。

トヨタ様々。


MBAに来るような人は、製造業なんて給料低くて心の中で馬鹿にしてんだろうけど、こういうテクノロジーを薄給で支えてきた技術者がいるから日本はここまで来れたんだぞ! 


…と、自分で自分を慰める。 ♥♥(o→ܫ←o)♫  頑張れ!私!

(ま、トヨタは薄給じゃないけどね。)






去年の学生さんで電機業界から来た人に、


『正直イギリスのMBAで製造業なんて、士農工商て言ったら商。ヒエラルキーの下の下ですよ!金融の奴らなんて、話聞いてくれませんよ。』


と言われていたので、もっと覚悟していたのだけれど、皆意外にそうでもない。今のところそういう差別を感じたりはしない。同級生に恵まれたのかも。ありがたいことでごわす。







あと、こっちでは、よく、電化製品とかにも『sexy』か『not sexy』か、という形容詞を使う。どうすれば、Sexyな電化製品が作れるのか、何を持ってブランドは形成されていくのか、を日々思案中。


スポンサーサイト

コメント

車は 

車はモジュール化が進んだとしても、電機ほどのコモディティ化はしないと踏んでいるのだけれど…。

正直電機はもうダメだね。アップルみたいなプレミアムを狙う以外に勝ち駒がいない。コスト競争でデスマーチ爆走中。

新しいビジネスモデルを…ってどこの会社も言ってるけど、全然将来が見えない。じりじり落ちて行ってるだけ。

 

昨日NHKスペシャルで日本の家電産業の話をしていた。
モジュール化が進む中で生き残りを模索して,S社も開発に携わったセル使って8チャンネル同時に見られるテレビを一生懸命開発してる東芝の話が紹介されていた。技術者たちには申し訳ないけれど,正直,暗澹たる気持ちになった。
技術的にはすごいかもしれないけれど,この視聴率ががんがん下がってる時代に,いったい誰がそんなテレビを買うんだよって・・・。
製品コンセプトを新しく作れないと,せっかく技術を持っていても,「モジュール化に対抗する」という競争の軸を超えない。
電気自動車になったら,車もモジュール化されて,同じような末路をたどるのだろうか・・・。

 

イタリアは何でもエロいからなぁ。この間行った時、トイレの配色とかにまでエロスを感じたよ。それに比べりゃ、イギリスなんてさっぱりしたもんですよ。

形容詞としては使うけど、もっとオシャレ的な意味で使ってると思われ。



 

>電化製品とかにも『sexy』か『not sexy』
って、面白いねー。
イタリアは、電化製品だけでなく、すべてをセクシーな方向に強引に持っていってる気がするよ。コマーシャルとか見てると、つくづく思う。やけにセクシーな内容のが多いし。でも、日本の伝統のものってセクシーなもの多いよね。漆とか、御影石とか、竹とか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gigangon.blog83.fc2.com/tb.php/95-e217fb26

 | ホーム | 
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。