• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
21
(Thu)

ピーチボーイから得た教訓。 

桃太郎


大学のプログラムに、「PPD Week」というのがあり、そこで普段の授業とは少しかけ離れた講座をいくつか受講することになる。


そのときに、私は”いかにうまく表現するか”というような感じの内容の授業を取り、5~6人の少人数クラスに参加したのだった。


そこで、「とにかく何でもいいから、自分の知ってるストーリーを隣の人に話せ」というお題が出たので、咄嗟に思いついた桃太郎について話し始めた。


「PEACH BOY」

Once upon a time, an old man went to the mountains to gather firewood, and his wife went to the river to wash clothes.


みたいに、適当に訳し、最後まで話し終えた。短めのストーリーを、と思って桃太郎を選んだのだが、お供(猿雉犬)の部分を端折っても、意外に長くて、訳し終わった時には、ぐったりしていたのだが。その直後、アメリカ人の女の子に、間髪言わずこう言われた。


「で?その話から何が学べるの?」


確かに、大体御伽噺なんてもんは、何かしら教訓めいたものがベースにあるものである。しかしながら、桃太郎って一体何を教えるための物語なのか、即答できなかった。


花咲か爺さんとかだったら、正直者が最後に得するとか、さるかに合戦やぶんぶくちゃがまとかだったら悪への復習とかあるんだろうけど、桃太郎から何が学べるんだろう。としばらく考えこんでしまった。だって鬼ヶ島とか言ってるけど、この鬼が何か村で悪いことしてるとか、そんな情報無いよね。


子供ができなかった老夫婦に子供ができて、尚且つお宝もがっぽり、ラッキー☆っていう話なんだろうか。その割には夫婦よりも何だかわからない少年に焦点を当てすぎてる気もするしな。


そして思ったのだけれど、日本の話、子供ができない老夫婦の話多すぎじゃない?桃太郎、、かぐやひめ、垢太郎、一寸法師、かさ地蔵等々。昔はすごく大きな問題だったりしたのだろうか…。


っていうか、それ以前に若者が主体者であることが少なくて、若者は異境から来た、とか行っちゃったとかが多くて、基本的には老人が主体になってることが多い気がする。でもグリム童話とか子供が主体のことが多い気が。


何でなのだろう…。調べだしたら、重そうなテーマだけど。
2010.10
18
(Mon)

イギリスで知る、食へのこだわり。 

vs


去年1年、人生初の海外生活で、戸惑ったこともたくさんあったが、一番困ったのは食事だった。食べ物への執着に関して、はっきりと自覚を持った。



大好きなラーメンがどこで食べても不味いので、どこで食べれば一番マシなのか、を確認するために自分の足で食べ歩いた。
●ロンドン ラーメン評



食べたい物が手に入らない時は、自分で作った。

●西京漬への道



食への飽くなき挑戦も試みた。

●イギリス風茶碗蒸しに挑む



同じものを食べるのは飽きるので、色々変化を付けた。

●毎日がハンバーグ日和。

●いくら祭



結局、この1年のイギリス滞在でわかったことは、自分が食に対して割と貪欲だ、ってことだけだったな、と思う。しかもそんなの知ってるよ!って感じだし。食に興味が無かったら、食べ歩きブログ↓なんて何年もやってないよ!

今日はカレー日和


ま、「イギリス」という食文化にある意味特徴のある国だからこそ、自炊とか、少しでもまともな物を探す、という方向に行った気がしないでもないけど…。これがフランスやイタリアだったら、外食しまくりで体重増加し放題だったね。(と、自分を慰める)
2010.09
23
(Thu)

ユニオンジャック 

イギリスの国旗は、ユニオンジャックですが、よーくみると、この斜めの線、白と赤が微妙に真ん中からずれているのを御存知でしょうか。


ukflag01


実はこれは印刷のずれとかそういうことではなく、ちゃんと意図をもってなされているものなのです。


そもそも、イギリスの旗、というのは、イングランド、スコットランド、アイルランド(北アイルランド)の旗を組み合わせたもの、とされています。


ukflag02


しかし、イングランドとスコットランドの旗は現在の物そのものなのですが、アイルランドはちょっと違います。


ukflag04


アイルランドは現在のものはこのようなイングランドの旗に近い模様の旗を使用しています。上に出てくる白地に斜めの赤クロスは、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した際、アイルランドの国旗として、アイルランドの有力諸侯だったキルデア伯(フィッツジェラルド家)の旗を使った、ということで、この斜線の旗がアイルランド国旗として用いられた歴史は実は無いらしいです。


ここでユニオンジャックの中の赤線が何故ずれているか、ということなのですが、ずらさずに真ん中に赤い線を引いてしまうと、スコットランド旗の中にアイルランド旗が含まれてしまう形になってしまうので、スコットランドとアイルランドの扱いを同等にするために、斜線をずらしているのだとか。これを英語ではカウンターチェンジ、と言います。このため、イギリスの国旗は左右対称ではありません。


ちなみに現在使われている北アイルランド旗の真ん中に描かれた六角星は北アイルランドの6つの州を表しているそうです。また、中央に描かれている右手は北アイルランドの伝説に基づくもので、戦いを前に部隊長が「最初に敵地に右手を付いた者に褒美をやる」と言ったところ、オニールという左利きの男が自らの右手を切り落として敵地に投げたという逸話に由来しているのだとか。


ukflag03


あと、ウェールズの旗に関しては、旗ができた時点でイングランドに取り込まれてたため、反映されてません。

2010.09
17
(Fri)

帰国後。 

帰国して1週間、周囲の人に言われたこと

・色、焼けてるね。
(勉強せずに遊んでたんちゃうん?って目でみるな)

・思ったより太ってないね。
(何せ行った先がイギリスだしね。)

・結婚相手見つけてきた?
(うるさいわ。そのために行ったんちゃうわ。)

・変わってないね。
(そりゃそうだ)

・丸くなったね
(太った、とかではなく人間的に。)


まあ自覚はほとんど無いんだけれども、人間的に丸くなって角が取れた、っていう点に関しては、自分でもそうかもな、と思ったりする。


以前個人的にやっていたブログは毒を吐いてばかりで、吹き溜まりのようになっていたのに、留学のブログは私のブログとは自分でも思えないほど腑抜けたことばかり書いていたし。


この1年は、ほぼある点においてはストレスフリーだったのかもしれない。しかし一方で、今までに感じたことのない種類の大きなストレスを抱えていたこともまた事実。


まず、自分の思い通りにならないことが多すぎた。特に他の国からの学生とのグループワークでは、自分の思い通りにならないことだらけで、最初の頃は苦痛で苦痛で仕方が無かった。


その時点で気付いたのだけれど、普段の生活で数人の日本人の集まりで自分がその場を仕切っていない、仕切れない、という状況がほとんど無かったのだ。だからそうでない状況に直面した時の歯がゆさはかなり大きくて、日々砂を噛むような思いをしていた。


“場の支配欲、みたいなものが非常に強いのだ、私は。”ということも留学して言葉が不自由な状況に追い込まれなければ気付かなかったに違いない。


とあるMBAの学校の日本人アルムナイが、一番最初のグループワークでグループメイトから「You are useless!」と言われショックを受けた、という話を聞いていて、ああいう厳しい学校に行くと、そんなことになるんだ・・・なんて他人事のように考えていたのに、結局私も最初のグループメイトに「このグループの中で3人役立たず(ちなみに5人グループ)」と言われた中の1人にまんまと指名されてしまい、奈落の底まで落ち込んだ。(まあ、言い方はもうちょっと婉曲的ではあったけれども。)


人生史上で一番たくさんのニキビと発疹が左顔だけでなく左半身全身にできたり、体からのSOSも日々感じていたし、気分的にも、どよ~んとしていたことも多々あった。でも外にはなるべく出さないよう、元気に振舞っていた。


実は、自分の中で、この1年間のことをまだ整理し切れていない。元々は留学したい!と強く思っていたわけではなく、人に勧められてあれよあれよと言う間に留学が決まったような感じだったので、MBAを取ろうと思ったこと自体が良い判断であったのかどうかも判然としていない。


しかし、10年後、20年後に振り返った時、「あの時留学すべきだったのか否か」の答えが少しでもポジティブなものになるよう、この1年で得たものを使って、今後努力していきたいと思う。



baloon
2010.09
16
(Thu)

イギリスの果物 

イギリスでは簡単に手に入るが、日本ではあまり手に入らない果物、というものがいくつかある。(南国ではないので、珍しいものを見かけると大抵輸入物だったりするのだけれど。)


■ルバーブ。
果物1
以前も書いたけれど、生のものは日本で買うと高いし、第一ほとんど手に入らない。生食ではなくジャム向き。


■フラットピーチ。
果物2
毛ありと毛なしがあるのだが、毛ありのものは日本の桃に近い味。甘みが強くて美味。値段も日本の桃よりずっと安かったし、剥きやすかった。イギリスにいる間、何度もリピート購入。


■パインベリー。
果物3
ウェイトローズでしか買えない赤白逆転イチゴ。身が白くて種が赤い。これを買うために延々自転車をこいで、遠くのウェイトローズまで買いに行った。味がパイナップルに似てるので、パインベリーと言われるらしいが、見た目に反してイチゴとはかなり味が違う。



■グースベリー。
果物4果物5
緑色で小粒なベリー系の果物。生ではなくジャム等、煮て食べるのが普通のようだ。日本語ではマルスグリと呼ばれ、他の黒スグリ(カシス)などと食感は似ており、粒々っとした感じである。(種なのかな?)ちなみに食用ほうずきはCape gooseberryと呼ばれており、こちらも日本よりもメジャーだった。

«  | ホーム |  »
プロフ
生きてるだけで、精一杯。

giga

Author:giga
多分、ケム川とケムマキがかかっていますが、気にしないで下さい。

twitter : gigaco

Twitter
 
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。